システムエンジニアに求められる資質

システムエンジニアには様々な種類があります。業務システム、汎用システム、ネットワークシステム等様々なシステムに対する専門知識とスキルを持ちあわせた職種が該当します。

システムエンジニアになるには、まずプログラマとしての経験を積むのが一般的です。設計書に基いて必要な機能をプログラミングしてシステムの一部を理解していくことが重要だからです。プログラミング言語の種類は豊富ですが、自身が担当するシステムを実現するために適宜上司によって決定されます。どのようなプログラミング言語であれ、一つの言語をある程度身につけながら、業務に関する知識と経験、またクライアントとの仕様の調整をしていくことで、プログラマから成長してきます。

システムに関する職種とはいえ、周りの人とのコミュニケーションが非常に重要です。他のメンバーやクライアントと調和してこそシステムの仕様が確定し、安定した動作へ繋がるからです。システムエンジニアには、プログラミング能力だけではなく、業務知識、ハードウェア・ネットワーク知識、コミュニケーション能力が求められます。また、自分が成長してきたように、プログラマーの育成も職務の一つになる場合があります。基本的な職務は、クライアントの要望を設計書に落としこむわけですが、プログラマーが実装できないような設計書ではシステムが完成しないので、頭の中を整理しながら形ではないものを形にしていける能力も必要です。

コメントを残す